出産祝いの人気プレゼント

出産祝いに贈りたいオシャレなプレゼント

友人や親せき、会社の人が赤ちゃんを授かった時贈り物を渡してお祝いする方が多いですよね。
出産祝いにどのようなものを贈って良いか悩みますが、やはり一番良いのは日常生活の中で使用できる物です。メジャーになっているのは、食器セットや洋服、おもちゃです。しかし、近年になってからは少しずつおしゃれな商品が増えているので、そちらに注目してみましょう。インターネットで出産祝いのプレゼントについて検索してみると、多くの情報が出てきます。人気ランキングサイトもあり、どのようなものを贈っているのか知ることも出来ます。(関連>>>出産祝いの人気プレゼント)おすすめしたいオシャレな贈り物は、赤ちゃんの名前を入れることのできるスポーツタオルです。ただのスポーツタオルではなくて、デザインにこだわったタオルなので、外見が非常に色鮮やかでおしゃれなのです。


<出産祝いにスポーツタオルを贈る>

スポーツタオルはデザインに凝っていて外見も色鮮やかでおしゃれだと紹介しました。
男の子ならブルーを基調としたデザイン、女の子であればピンクを基調としたデザインになっているので可愛らしいです。名前がはっきり入っていますから特別感があります。おしゃれなデザインのスポーツタオルの他に、あの有名な「はらぺこあおむし」のスポーツタオルもあります。こちらは、はらぺこあおむしのデザインと共に名前を入れてもらえるタオルとなっています。ひらがな表記にもできますしローマ字表記にすることも可能です。ですが、ひらがな表記の方がより可愛らしさが出て出産祝いに向いているのではないでしょうか。
タオルは赤ちゃんが汗をかいてしまった時に使えますし、夏には赤ちゃんの体にかけてひざ掛け代わりにしてお昼寝もできます。様々な場面で利用することが出来るので、出産祝いとして相応しいのではないでしょうか。


<銀のスプーンを贈ろう!>

もう一つおすすめしたいのは、「銀のスプーン」です。
「どうして銀のスプーンなの?」と思った方も居るでしょうが、実はヨーロッパでは出産祝いに銀のスプーンを贈る習慣があるのです。これは「魔除け」の意味を持つからなのです。ヨーロッパの方では、窓際に寝かせていた赤ちゃんを悪魔が自分の赤ちゃんとすり替えてしまったという話が語り継がれています。銀には魔除けの力があるという事で、古くから魔除けとして銀のスプーンを贈る習慣があるそうです。また「一生食べ物に困らないように」という願いも込められているようです。
銀のスプーンを出産祝いで贈る際には、赤ちゃんの名前を入れてもらう事も可能なので入れてもらうとさらに良いですね。フォークとセットになっている商品もあるので、どちらの方が良いのかじっくり検討してみて下さい。

出産のプレゼントにはお母さんがリラックスできるものを

出産は、新しい家族が増え、その喜びを多くの人と共有できる素晴らしい機会です。
しかしお母さんにとっては、体力的にも精神的にも疲労がピークに達しているときでもあります。
そんな女性にどんなプレゼントを贈ればいいのかはちょっと難しいところですよね。
リラックスできるようなものをあげられればいいですが、具体的にはどのようなものがおすすめなのでしょうか。
関連>>>出産祝いの人気プレゼント


<出産の疲れを癒すグッズがいいかも>

よく赤ちゃんの洋服を贈ったりする人がいますが、男の子か女の子かといった性別、サイズ、ご両親の好みの服かというようなさまざまな問題が出てきてしまうのであまりおすすめできません。
赤ちゃんのことはご家族におまかせするとして、お母さんをねぎらうようなものを贈りましょう。
たとえば、ハーブティやアロマといった、香りでリラックス効果をもたらすものなんていかがでしょうか。
精神に効くものを贈ると、相手の体力も回復できると思うのでいいですよ。
このように、様々な観点で選んでみると楽しいかもしれません。


<長年見て楽しめる、枯れないお花もプレゼントに最適>

香りで癒すものもいいですが、お花のように見て癒されるグッズもいいのではないでしょうか。
普通の花束でも素敵ですが、相手の手間を取らせてしまうのは考え物です。
そこでおすすめなのが、プリザーブドフラワーです。
これは手入れをそんなにしなくても2~3年と長持ちするお花なので、相手のご家族の負担にならなくていいですよ。
発色が綺麗なので、出産疲れのお母さんも喜んでくれるでしょう。

出産祝いは慎重に

出産というイベントはとても重要です。これからの生活は赤ちゃんを含めたものになりますから、その赤ちゃんの成長を見越したプレゼントを出産祝いに贈る必要がありますよね。

しかし、いったい何を贈ればいいのでしょう。出産経験がある人ならば良いですが、出産経験がない人の場合検討もつかないですよね。

事前によく調べてからプレゼントしないともらったほうが困ってしまうものをプレゼントしてしまうかもしれませんから、あげるものを選ぶさいは慎重になりたいですね。(関連>>>出産祝いの人気プレゼント)


<やはり出産祝いには子供が遊べるおもちゃ?>

赤ちゃんの成長に合わせたおもちゃをプレゼントすればお母さんは喜んでくれるのではないでしょうか。赤ちゃんに合わせた絵本や積み木などを贈れば、いくつあっても困らないおもちゃなら喜んでもらえる可能性は高いですよ。

安全性も高い、タオル地など赤ちゃんが使いやすいおもちゃもたくさんありますからいろいろ調べてみてくださいね。


<仲の良い間柄ならば事前に聞いてみよう>

仲のいい友達などのお祝いならば直接何が欲しいか聞いてみましょう。聞いたものをあげれば確実に喜んでもらえますし、もらう側も気を遣わなくて良いですよね。

大切な出産祝い、慎重にプレゼントを選びましょう。

出産祝いでお洋服をあげるときの選び方はある?

出産祝いでは、ベビー服などをプレゼントに渡すという人も多いそうです。赤ちゃんは直ぐに大きくなりますが、小さいときのお洋服は非常にかわいいですし、この時期しか着ることのできない柄などもありますが、出産祝いで男の子、女の子に人気の高いメゾンはどこなのでしょうか?


出産祝いで人気のメゾンは少し高価なもの

直ぐに着られなくなってしまう割に、洗濯の回数が多くなってしまうことや、赤ちゃんの肌のこと、経済的な事情から、ベビー服もバーバリーやラルフローレン、セリーヌなどの定番ブランドはやはり喜ばれるそうです。(関連>>>出産祝いの人気プレゼント)男女ともに利用できるデザインのベビー服も多いそうですし、洋服に利用されている生地なども赤ちゃんのことを考えて質のいいものが多いそうです。


GAPなどの頑丈な服は男の子に

男の子は特に、よく動きます。そのため、高価なお洋服を着させると汚してしまう、破いてしまうのでは?と不安になるお母さんもいるそうです。このような場合、GAPなどもう少し値段の低いメゾンで、しっかりとしたつくりのお洋服を選ぶのもいいでしょう。値段がやすくなりますから、色違いのセットなどを組み合わせる楽しみもあるかと思います。肌に優しく、しっかりとした作りのものが安心でしょう。

目上の人の出産祝いはどうする?

会社などで目上の人の出産祝いを、となった場合、悩むものですよね。出産祝いではお返しを渡すという習慣があるので、あまり高価なものを渡すと負担が大きくなってしまいます。しかし上司や目上の人のお祝いであれば、できる限りプレゼントを渡したいものです。


出産祝いは部下でまとめる

目上の人の出産祝いは、小規模であればできる限り、連名で渡すようにしましょう。お返しもみんなで分けられるお菓子などで済みますし、個人の負担も大きくならずに済みます。(関連>>>出産祝いの人気プレゼント)赤ちゃんを抱っこするときに便利なベビースリングなど、よく使うものやいくつあっても困らないものを選ぶ人も多いそうです。また洋服をあげる場合には、少し高いメゾンの物を選ぶと言う人が多いそうです。


記念になるものは避ける

ファーストシューズなど、赤ちゃんの記念になるものはできるだけ避けるほうがいいと言われています。記念日に利用するもの、初めて使うものは、お母さんや家族などで選びたいと考える家庭も少なくない層です。現在のベビーグッズはかわいくラッピング、デコレーションされているものが多いので、人数や予算に合わせて、もらって困らないものを考えるのも楽しいかもしれませんね。

出産のプレゼントにはこれがオススメ!

ご自分の周りで誰かが出産された時に贈るプレゼントの事ですが、やっぱり赤ちゃんのおもちゃが良いですよね。
せっかくですから赤ちゃんが安心して遊ぶことが出来る安全性の高いおもちゃを贈りたいですよね。(関連>>>出産祝いで人気のプレゼントとは)ケガをしないで安心して遊べるもの、そう、それは布製のものが良いかと思います。
布製ですとふわふわしていて肌触りが良いですし、洗う事も出来ますので衛生的にも良いです!
また、木製おもちゃも最近は人気があるみたいですよ!


出産のプレゼントに布製おもちゃを贈ろう!

出産のプレゼントにはやっぱり布製のおもちゃが適していると思います。
では、布製のおもちゃというとどんなものがあるのでしょうか。
今ではくっつけたりはがしたり出来る絵本と言うものがあるそうなので、赤ちゃんの好奇心を高めるものなのではないかと思います。
お母さんと一緒に読みながらページを進めたり、またはご自分で自由にお話を作ったりして楽しめるかと思います。
赤ちゃんもお母さんも同時に楽しむことが出来るのは嬉しいですよね!


選ぶ楽しさを味わってみよう!

一番は贈る相手のことを考えて選ぶのですが、ただ単に選ぶのではなくて選ぶ楽しさを味わってみましょう!
誰かに何か贈るのはドキドキしますしやっぱり喜んでもらえる顔を想像するのも楽しいですよね。
相手のことを考えつつ自分も楽しく選べたら良いと思いませんか?

二人目の出産祝い対策

出産祝いに贈るプレゼントの定番は基本的に一人目のお子様であろうと二人目のお子様であろうとそれほど大きな違いはありません。ただ二人目の出産祝いとなると少しだけ一人目の時とは違う部分も出てきます。


二人目の出産祝いのコツ

一人目と二人目の年がとても離れているという例外を除き、二人目というのは一人目の時に色々必要なものを購入しているので一般的には二つあっても困るものを避けるのがいいとされています。例えば赤ちゃん用の服や涎かけ、おむつや寝具といった贈り物は割といくつあっても困らないので歓迎されますが、食器やベビーカー等は一人目の子が使っていたもので代用できる事が殆どです。


既視感にも気を配れると尚良し

またどれだけ便利なものでもあまりにありふれたものを選んでしまうと、喜ばれはするものの全く印象に残らないといったケースもあります。これは一人目の時に贈られる側も様々な人達から色々なものをもらっている為、出産祝いではどういったものが送られてくるのか、また何が流行っているのかが自然に見えてくる為です。贈る側ははじめて贈ったものでも贈られる側は既に何度か贈られているものという可能性もあります。二人目の出産祝いにはそのあたりまで気が配れるのが理想的ですね。

【参考リンク】
出産プレゼントにおすすめプリザーブドフラワー

出産プレゼントで困ったもの

出産のお祝いをしてくれる気持ち自体が嬉しいので、本当は言いたくないけれど、「実はちょっと貰って困ってしまったもの」というのも存在しています。


出産祝いで困ってしまったもの

実は意外と多いのが「ピンクが嫌い」というものです。
「女の子だからピンクという概念を、自分が子供の時に押し付けられて、それが凄く嫌だった。けど、貰うもの貰うもの、全てがピンクで困ってしまった」
こういった意見もあるからか、ベビー服には、水色とピンクの横に、どっちが着ても良いように黄色の服が必ず置いてあったりするのでしょうか。

また、こんな意見も。
「食べ物。出産を経験して、味覚が変わってしまったので、昔の好物を貰うと困ってしまう」
「男友達から、お酒が送られてきた。独身の男性だから、出産が終わればお酒を飲んでも大丈夫なのだと勘違いしてしまうのも仕方ないけど、そこにお酒があるのに飲めないというのはすごくつらかった」
授乳中の女性は、口にするものにとても気を使うものですので、食べ物・飲み物などは避けた方がよさそうですね。


プレゼントかどうか悩んだもの

また、独特な観念をお持ちの方からのプレゼントも、確かにこれは困ってしまいそうです…。
「フォトフレームを貰ったけど、よりにもよって黒縁のフレームなので、正直、そこに子供の写真は飾りたくない。何で黒だったんだろう?」
「耳栓。夜泣きを気にせず寝れるようにって言われたけど、泣いているのに気付かない方が、寝不足よりよほど怖い」

出産祝いのプレゼントで良かったもの

出産プレゼントをもらって「わぁ!これは嬉しい」と思ったものをリストアップしてみました!


出産プレゼントで喜ばれるもの

意外性という意味では「出産経験のある姉から、赤ちゃんのお尻も拭けるウェットティッシュが、大量に送られてきました。最初は、こんなに大量にいらないでしょ、邪魔なだけだよー!と思ったのですが、意外とアッサリ使い切ってしまいました。実体験に基づいているプレゼントは流石だなと思いました」というご意見。とはいえ、ここまで実用性重視な贈り物は、身内の方からならではかもしれませんね。
もう少しきちんとお祝いのプレゼント感を出したいという場合には、こんなプレゼントはいかがでしょうか。
・アルバムセット(いっぱい写真をとって、いっぱい思い出を残してね)
・Amazonなどのギフトカード(新米ママはとにかく分からないことだらけなので、育児書などをたくさん買うもの)


お花を贈るなら枯れないお花を

また赤ちゃんが生まれたてのお家は、とにかく本当に忙しいもの。お部屋を明るくするお花を飾りたくても、こまめにお水をあげたり、日に当ててあげたりお世話にしてあげることが難しいものです。
そこでお水をあげる必要も、日光も必要ない、それでも2年以上は枯れないという不思議なお花であるプリザーブドフラワーというのが喜ばれているそうです。

出産プレゼントを贈る時の注意点

出産祝いのプレゼントを贈る時に、ついやってしまいがちな失敗例を元に、気を付けなくてはいけない点を紹介していきます。


出産祝いのプレゼント選びで気を付けること

まずやってしまいがちなのは、「男の子か女の子か確認しなかった」ということです。
「有り得ないでしょー!」と思ってしまいますが、実際に割とよく聞く失敗例なのです。
次に「お子さんの名前を間違えてしまう、お店の人にきちんと伝えなかった」という例です。
例えば、スタイ(よだれかけ)を贈ろうとしたところ、無料で名前を刺繍してくれるというので頼んだ、というパターンです。
ここでそもそも漢字を間違えて依頼してしまうというパターンや、「ローマ字のみ対応です」と書いてあるのを見逃して漢字で入力してしまい、お店の人も正しい読み方を確認しなかった場合です。


思い込みしやすい名前の場合は特に注意!

「お店の人が確認しないなんてあるの?」と思うのですが、例えば「愛ちゃん」と書いて「まなちゃん」とか「めぐみちゃん」と読む場合など、「普通はあいちゃんだよね」と思ってしまう、ごく普通の字で読み方だけ違う時などは確認の連絡が来ないことも十分有り得ます。
出産祝いのプレゼントの専門店などなら、そういったこともきちんと確認するかもしれませんが、そうではない場合は要注意です。

出産祝いの新定番はおむつケーキ

出産祝いの従来の定番といえば、ベビー服、スタイ(よだれかけ)、ガラガラなどのオモチャ、おしゃぶりなどがありましたが、今は「おむつケーキ」が新定番となっています。


出産祝いといえばおむつケーキ!

おむつケーキとは、おむつを、まるでウェディングケーキのようにラッピングして、タオルやおもちゃなどでデコレーションしたものです。
おむつの形をしたケーキというわけではありません(笑)。
全てが「赤ちゃんのいる家庭なら、いくらあっても困るものではない」といった必需品で作られているので、「赤ん坊のことなんて何も分からない」といった男性でも、「これを贈っておけば間違いはない」という理由で選ばれています。


お花も変わらず人気

間違いはないプレゼントとしては「お花」もやはり変わらずの人気ですね。特に赤ちゃんが生まれた家庭では、これからどんどんお花を飾るのが難しくなっていきます。私も母から「今から捕まり立ちが出来るようになるまでが、お花を飾る余裕のある最後の期間よ。立っちが出来るようになったら、子供が(小学校)高学年くらいになるまでは家に花瓶なんて置けないわ」と脅されながらお花を貰った記憶があります。
実際、男の子だったというのもあって、母の教えは「現実」になったのです。
あの時、夜泣きと戦いながらお花の鮮やかな色に癒されていました。